病院で受けられる施術例

AGAの治療薬を服用する

AGAとは男性型脱毛症のことです。その名の通り男性によく見られ、主に生え際や頭頂部の抜け毛が多くなり、髪の毛が薄くなってしまう怖い症状です。薄毛は育毛剤を使ったり、生活習慣を改善したりなど様々な対処法がありますが、AGAは非常に手ごわい相手なので、薄毛がかなり進行している場合は病院で治療するのがベストでしょう。 病院の施術で最も一般的なのが、治療薬を服用するというものです。薬は大きく分けて、AGAの原因となるDHTの生成を抑制するものと、頭皮の血行を改善し発毛を促すものの2種類があります。どちらか一方だけよりも、守りと攻めの役割がある2つの薬を併用することで、より効果的な治療をおこなうことができるようになっています。

頭皮へ直接施術を行う

比較的新しい施術方法なのが「育毛メソセラピー」や「HARG療法」と呼ばれる、頭皮に直接有効成分を注入するというやり方です。これらは、血管拡張剤や発毛効果のある成分を注射器などを使い、薄毛の気になる部分に注入していきます。薬を服用すると体内で効果が薄まってしまいますが、育毛メソセラピーなどは直接成分を注入することができるので、より効果的な治療を行うことができるのです。 また、頭皮へ直接的な施術を行う育毛メソセラピーなどは副作用がないという特徴があります。薬が内臓で代謝されることで身体に影響を及ぼす副作用が発生するのですが、このやり方ならば頭皮に直接アプローチができるため、その他の身体への影響の心配がありません。効果が高い育毛メソセラピーやHARG療法は、薬を服用するよりもどうしても費用が多くなります。育毛や薄毛の改善は続けることが大事なので、AGAの施術をする時は無理なく続けられるものを選ぶようにしましょう。